【本ページはプロモーションが含まれています】

Amazonのアソシエイトとして、Bonne Fotune Laboratoire(占いラボ)は適格販売により収入を得ています。

鑑定を行き詰まらせている原因が乙女心への無理解だってことに気づいてますか?

目安時間 6分

先日お伝えした、

私の無料相談LINE。

さっそく色々なご質問をいただいて

ありがとうございます!

私自身も学びが深まりますので、

どんどんメッセージをいただけると

嬉しいです( ◜◡‾)

イヴのLINE公式アカウント

(※メルマガ読者様限定公開)

さて。

私が講義やコンサルをしていて、

すごく気になることがありまして。

何かっていうとね。

『乙女心の不在』なんですけど。

男性がね、

乙女心を理解できないってのは

『女心と秋の空』って言うくらいですから

しゃーないかな、って思うんです。

けど、意外とね

女性もわからないんだよね。

乙女心ってやつがさ。

いや、私もわかるわけじゃないんだけど。

女子力は高いって言われるけどさ(笑)

やっぱり感覚的には理解できないですよ。

まあ、私の場合男心も怪しいもんですが(笑)

だから、必死で理解しようと思うんですけどね。

女性の方でね。

ある程度色々経験して、

自分なりに恋愛ってものに答えが出て。

恋愛を卒業した、って思ってるとね。

わかんなくなるんだよなぁ。

論理的の対極にあるような、

理性ではどうにもならん、

恋する乙女の心がさ。

だからね、

そういう乙女心のカタマリみたいな

「もう、それただのワガママじゃね?」

って言いたくなるような、

恋愛の悩みに対面すると

イラッとしちゃうんだろうね。

「いつまでもウジウジしがみついてんじゃないわよ!」

「ダメなものはダメ!」

「あんた、自分がそんなにいい女だと思ってんの?!」

なんてね、

思っちゃうんだろうね。

あ、これは私の言葉じゃないですよ。

生徒さんたちから聞いた言葉です。

「…って、言ってやりたくなるんですよね~(#^ω^)」

だって(笑)

いやー…

理解してあげようよ。

恋は乙女の一大事よ?

その気持ちを理解せんで

今どきの占い師は勤まりませんがな。

「私女ですけど、乙女心なんざわかりませぬ!」

という人にね。

すっごく勉強になる本があったから、

一応紹介しとくね。

あ、もちろん男性は必読ね(笑)

この本の中の『女心のつかみ方』っていうところが

あまりにも具体的すぎて、

「なん…だと?」って

料理してた手を止めちゃったくらい。

(私はAudbleで聴いてたんだけど)

もっと早く知ってれば…

さらに超有益な授業ができたのに…!

日々こんなにも、

パートナーに怒られることはなかったのに…っ!(笑)

でね、

「これは紹介せな…」って

今回のメルマガを書き始めたんですわ(笑)


【PR】●伝わるのは1行。

 

ともあれ。

恋愛はさ、

愚かしく、美しいものだよ。

みんな愚かになっちゃうのよ。

愚かにならない恋愛なんて恋愛じゃないよ。

占いに寄せられる相談ってさ、

99.99998%は恋愛じゃないの(笑)

つまり、『愚か』なステータスで来るのよ。

本当はめっちゃデキる人だったとしてもさ。

そこに理性求めちゃダメなのよ。

まずはその非理性的な状態を、

ちょっとだけ冷静にしてあげないと。

完全に冷静にしちゃダメよ?

恋が冷めちゃうからね(笑)

急上昇&急降下を繰り返す

ジェットコースターみたいな感情を

ふわり、ふわりと浮き沈みする

メリーゴーランドくらいにしてあげて

そのままゴールを目指してもらうのよ。

もしダメだったとしてもさ。

それは大切な経験値じゃない?

激情を味わって、

浮かれて、沈んで、笑って、泣いて。

そういう経験なんて

そうそうできないんだから。

『頬ぬらす その涙 乾くころまた恋に落ちる』

ってGLAYが歌ってたけどさ。

その歌のタイトル、『Young oh!oh!』だよ?(笑)

若いうち、できるうちなんだよ。

そんな素敵な経験ができるのはさ。

あなたならわかると思うけど、

うまく行くだけが素晴らしい恋じゃないでしょう?

「うまく行かせてあげなきゃ可哀想」

「うまく行かなかったらクレームになる」

なんて、みみっちいこと考えないでさ。

恋する経験を応援してあげようよ。

もちろん、うまく行くように全力でさ。

パーフェクトな恋愛戦略なんてないんだから。

恋は楽しむもの、味わうものだから。

恋愛をしている人がね

落ち込みすぎて病んだり、

ツラすぎてあらぬ方向へ行ったり、

しないようにサポートするのが

私達占い師なんじゃないかな。

 

さて。

今回はガラにもなく

恋愛の話だったけど(笑)

やっぱり相手への理解なんですよ、

ということで。

それでは、また。

無料メルマガ
『The tellapy』

 
 
 
                                           

コメントフォーム

トラックバックURL: 

無料メルマガ
『The tellapy』

 
 
 
                                           
カテゴリー