グラン・タブロー演習 現状を見渡すタロット技法

今日の実践会は最近よく使う「グラン・タブロー」というスプレッドの練習でした。
もともとはルノルマンカードの技法なんですが、使いやすいのでタロットに応用したものです。
タロットならではの読み方もできるので、かなり幅の広いリーディングができます。

特に、これといったことがなく「何となく占って欲しい」という、我々にとってはちょっと厄介(笑)な質問に対して有効でしょう。
逆に言えば普段使いのスプレッドとも言えます。
自分占いでも使える、良スプレッドかな、と。

「これ、使いやすい!」
「面白い!」
とのことでしたので、しばらくはこのスプレッドを練習してもらおうかと思ってます。

上達のコツは、まず回数。
とにかく占って、感覚を養うことです。

で、これは本日の貢ぎ物(笑)
晩酌のアテかな…ハイボールに合いそう。

かなり堅いらしいですけど…(;´∀`)

プロフィール

Bonne Fotune Laboratoire(占いラボ)
Bonne Fotune Laboratoire(占いラボ)
タロットの世界に魅せられて、タロット歴30年。
現役のタロット占い師でもあります。

占い師を育成するコーチ&講師です。
プロから趣味の方まで、幅広い層にレッスンを提供しています。

電話占い師向けのレッスンも好評稼働中。
卒業生の皆さんも続々とプロデビューされ、活躍しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする